【インテリアはまさに5と7の中間だった!】新型6シリーズGTインプレッション②!


2017年10月に販売が開始された6シリーズグランツーリスモですが、いつもお世話になっているBMWのセールスさんから「6シリーズGTを展示しているのでよければ見にきてください。」とお声かけをいただいたので行ってきました!

5シリーズGTからフルモデルチェンジをきっかけに名称が改められた6シリーズGTですが、すでに販売から1年あまりが経過しているので目新しさこそないものの、街中で見かけることも少ない希少車となっていますね。

最近の動向をみてみると2018年8月に2000cのモデルが追加されているほか、これまでは4WDオンリーだったラインアップにFRも加わっています。

日本市場ではなかなか需要が少ないボディタイプですから販売台数も限られているようですが、実際に見てみると良いところがいくつもあって、「これはこれでアリかも…」と思える一台でした。

5シリーズとも7シリーズともいえる6シリーズGTのインテリアをご覧いただきましょう。



6gt31.jpg


さて、今回はBMW6シリーズGTのインテリア編です!





続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










6gt2.jpeg


今回お邪魔させていただいた滋賀BMW栗東営業所に展示してあったのは、

「630i グランツーリスモ Mスポーツ」!



今年の8月に追加されたばかりのグレードでFRモデルとなっています。

この展示車なのですが、購入したい方がおられたらすぐにでも販売するとのことでしたので、即納したい方は一度聞かれてみてはいかがでしょうか?

発売から間もないですが現在では納車もはじまっているのでしょうか?気になりますね。





・ボディサイズ



まずはBMW6シリーズGTのボディサイズからみていくと



・全長5,105mm×全幅1,900mm×全高1,540mm!



全長は5mを越すサイズで都心部では取り回しにやや苦労しそうなイメージ…

BMWのラインアップですと7シリーズに次ぐボディサイズの大きさとなっているため室内空間は広々としていますし、リアのレッグスペースについては7シリーズと大差ありません。

欧米では好まれる大柄なボディサイズですが、道路環境の狭い日本だとこのカテゴリーであれば3シリーズGTがちょうどいいのではと思ってしまいます^_^;

3gt1.jpg





・グレード、価格



6GTのグレード展開及び価格は以下のようになっています。



630i グランツーリスモ ラグジュアリー 8,680,000円
630i グランツーリスモ Mスポーツ 8,980,000円
640i xDrive グランツーリスモ Mスポーツ 11,160,000円




車両価格だけでも900万円近い価格からのスタートとなっていてなかなか手が出しにくいのが正直なところですね。

この価格ですと他のラグジュアリーSUVもライバルになってきますので、SUV市場がホットな日本ではなかなか目立たない存在となっているのが少々残念です。





・燃費



燃費を気にする車種ではない!という意見があると思いますが、燃費が良ければ航続距離も伸びますし給油回数も減らせて快適なロングドライブに貢献しますので見ておきましょう。



・630i グランツーリスモ ラグジュアリー/630i グランツーリスモ Mスポーツ:14.3km/L
・640i xDrive グランツーリスモ Mスポーツ:10.9km/L



630iグレードは2000ccエンジンというこもあってかガソリンモデルにしては満足できる燃費数値ですね。



タンク容量と燃料消費率から航続可能距離を計算してみました。(あくまでも理論値です。)


・630i グランツーリスモ ラグジュアリー/630i グランツーリスモ Mスポーツ:972km
・640i xDrive グランツーリスモ Mスポーツ:741km



燃料タンク容量は全車同じですので燃費の違いがそのまま航続距離の差となっています。

せっかくロングドライブに適したボディ形状で欧州ではそれがウリであるにも関わらず、ディーゼルモデルの導入がされていないのは本末転倒です。

これはおそらくターゲット層が欧米とは異なるためか、それとも日本でロングドライブをするといってもガソリンスタンドの心配をするほどのものではないからでしょう。

燃費だけを見れば、640iの740kmという航続距離だと長距離ドライブの無給油走行は厳しいと思われますので、630iがベストバイといえるでしょう。










以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










・フロントシートまわりから



6gt24.jpg

展示車である630iMスポーツのインテリアカラーはシンプルなブラック。

4枚のドアがクーペボディのようにフレームレスウインドウとなっているのが特徴的です。



6gt25.jpg

インテリアトリムは「ポプラグレーファインウッドトリム/パールクロームハイライト」!

ガルバニックフィニッシュスイッチはアルミニウムを使用していてこちらは7シリーズ譲りでしょうか。間もなく5シリーズもプラスチック素材からアルミニウム素材へと変更されるようです。



6gt26.jpg

Mスポーツにはダコタレザーのスポーツシートが装備されており、標準よりも高くなったサイドサポートやより細かな調整機能によって快適なドライビングポジションを実現できます。



6gt27.jpg

フロントシートはメモリー機能付8ウェイパワーシートとなっているほか、ランバーサポート・サイドサポート・サイサポートの調整が可能です。



6gt28.jpg

マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイールはMスポーツ専用装備のひとつであり、アルミニウム仕上げのパドル
シフトも装着されます。



6gt29.jpg

12.3インチのマルチディスプレイメ-ターパネルとよばれるいわゆるデジタルメーターが装備されています。ドライビングパフォーマンスコントロールでモードの切り替えを行うと様々なメーターデザインに変わるのが印象的です。



6gt30.jpg

半硬質フォームに人工皮革を直接張り付けたセンサテック素材のインパネは極めてソフトな仕上がりとなっていて、優雅で独創的な雰囲気をもたらしています。



6gt31.jpg

乗員を包み込むようにレイアウトされた天然木のインテリアトリムが室内空間をさらに上質なものへと変貌させています。



6gt32.jpg

10.2インチのタッチパネル式ディスプレイにはスピーチコントロールシステムやジェスチャーコントロールも備わっていて直感的に操作することが可能です。



6gt33.jpg

用意されているアンビエントカラーは6色11パターンとなっていて7シリーズなどのG系モデルと同様のものになっています。ドアトリムからインパネやセンターコンソール、フロントシートバックなどに光源が組み込まれていて昼間でも分かるほどに照らしていました。



6gt34.jpg

7シリーズと同じようにエアコンやオーディオのスイッチがアルミニウム仕上げになっていることで特別な空間を演出しています。



6gt35.jpg

630iMスポーツには8速スポーツATが採用されていますので素早いシフトチェンジやクロスレシオ化されたギア比による鋭い加速を味わうことができます。



6gt36.jpg

6gt37.jpg

6gt38.jpeg

ルームミラーのデザインが従来と少し異なっていたのが印象的でした。










・続いてはリアシートまわり



6gt39.jpg

6gt40.jpg

6シリーズGTのリアシートには電動サンシェードが装備されていますのでそのスイッチ部がアームレストのウインドウスイッチ付近にレイアウトされています。片方の操作部から両側のサンシェードを操作できるように配慮されているところが素晴らしいです。



6gt41.jpg

X3には「X」の文字が刻印されていましたが6シリーズGTには「GT」のロゴが。



6gt42.jpg

私がいつも乗っている118dEditionShadowのダコタレザーシートよりも少し柔らかな印象でして、同じレザー素材とは思えないほど違いを感じたのは気のせいでしょうかw?



6gt48.jpg

電動リクライニング機能を備えていまして約9度の角度調整が行えます。



6gt43.jpg

リアのアームレストはドリンクホルダーの他に収納ボックスも装着されています。



6gt44.jpg

シートヒーターはフロント&リアに標準装備です。面白いのはシガーソケットがリアにも2つ備わっていたことでどうせならUSBソケットのほうが良かったのでは…w










最後にラゲッジルーム



6gt45.jpg

ラゲッジ容量は600リッター!

パワーテールゲートに加えてバンパー下部に足を出し入れするだけで開閉するスマートオープンクローズ機能付です。



6gt46.jpg


アンダーラゲッジフロアもそこそこ収納力がありそうでした。



6gt47.jpg

6gt49.jpg

リアシートを倒すとラゲッジ容量は1800リッター!

40:20:40のスルーローディングシステムを備えていますから、中央だけを倒すことも可能です。

完全フルフラットを実現していますし長さも170cm以上ありますから、車中泊を楽しみたい方にとっては最高のパートナーとなるでしょう。










6シリーズGTのインテリアの評価はずばり…!!





BMW6シリーズGTのインテリアを見てきましたが、いかがでしたか?



私の感想としては、「室内空間がとにかく広くて快適!内装の質感も満足できるレベルだが、価格を考えるとさらにワンクラス上を求めたいところ。」です!

ボディサイズがかなり大柄ですから室内空間も広いだろうと思っていたら、その予想を上回るほど広々としていて、後席で足を伸ばしてもレッグスペースは余裕のスペースが確保されています!

頭上空間についても同じことが言えるのですが、圧迫感や閉塞感などは微塵も感じないほどクリアランスが取られていてゆったりと乗っていられる1台です。


質感に関してはほぼ7シリーズに準拠したものとなっていますので、手に触れる部分の多くはソフトパッドやアルミニウム仕上げなどになっていました。

ただし1000万円という車格を考えるならば、レザー仕上げとなる部分を増やしたりシート素材がダコタレザーではなくワンランク上のナッパ素材を使用したものにしてあったりするとなお良かったと思います。

ステアリングホイールやエアコンの中央操作部にシート素材などは5シリーズと同じものでしたが、一部分が7シリーズと同じでしたので質感はまさに5と7の中間といった印象でした。


先進安全装備については現時点のBMWで最高峰のものが装備されていますし、オプションにはなりますがシートベンチレーションやマッサージ機能などの快適装備も用意されていますから、このあたりは満足できる充実ぶりですね。





ということでBMW6シリーズGTインテリア編は以上です。


皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

じゃあ、6シリーズグランツーリスモの未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o








引用サイト:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゼミッタ

「気になるあのクルマは果たして買いなのか!」をテーマに新型車インプレッション・購入レポートなどをお届けしています(^^
動画も更新してるのでぜひご覧ください!

【現在の愛車】
トヨタ新型RAV4(ガソリンG)
ホンダ新型FIT(e:HEV HOME)

【YouTube】
GOOD CARLIFE Channel
https://www.youtube.com/channel/UC-db7Tl3VZJIlICjaoV69iA/

お仕事のご依頼は下記メールアドレスまたはメールフォームからお待ちしております。
zemitta.motokeigensho@gmail.com

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR