【フルモデルチェンジ!】2021年7月19日発売!価格198万円~!トヨタ新型アクア見積もり紹介!


10年越しにフルモデルチェンジを遂げる、トヨタ新型アクア!
熾烈な争いを繰り広げるコンパクト部門の中で輝くことは出来るのか!?


新型の乗り出し価格やスペック、主要装備なども気になりますよね。
今回は見積もりと併せてそのあたりも詳しく見ていきます!(^^)!

動画verもあるのでサクッと見たい方は、ページ最後のリンクからぜひご覧下さい。





DSC02115-2-min.jpg





皆さんこんにちは!今日も「GOOD CAR LIFE!!」をご覧いただきありがとうございますm(__)m



本日のクルマはトヨタ新型アクア!!



























以下のリンクからぜひGOOD CAR LIFE SNSのフォローよろしくお願いします!

Twitter→ブログ更新情報や今後記事にしていく新型車の状況をいち早くお届け(^^
Instagram→クルマやイベントレポートの写真をオシャレにカッコよく(?)更新中!



そして!!!



「気になるクルマは買いなのか?」をテーマに【GOOD CARLIFE Channel】を始めました!



GOOD CALRIFE Channel/ゼミッタ
(↑クリックするとチャンネルに飛べます)



ブログと同じく国産車輸入車問わずに新型車インプレッションをお届け!
新型アクアの動画も公開予定ですのでチャンネル登録してから是非ご覧ください(^^

,








※公表済みデータに加えて、GOOD CAR LIFE独自予想の内容も執筆しています。現時点で未確定な情報が多々含まれますので、他サイトでの記事引用はご遠慮ください。情報解禁に伴い記事のアップデートを行っていきます。






1. 価格、グレード







20210719_04_03-min.jpg
20210719_04_05-min.jpg
引用:https://global.toyota/



‣車両本体価格
B ¥1,980,000
X ¥2,090,000
G ¥2,230,000
Z ¥2,400,000

※4WDは全グレードに設定[+19.8万円]



※先代型
L ¥1,818,300
S ¥1,921,700
G ¥2,126,300




【ポイント】
最安はBグレード198万円となっていますがこちらはビジネスモデル。
個人で購入するベースモデルはXグレード209万円となります。

先代「L」が新型「X」に相当するなら、価格上昇は約27万円
他グレードに関しても約30万円前後高くなっているのでお得感は薄いです。
たしかに、プラットフォーム刷新や新バッテリー採用などでお金がかかっているのは事実。
装備レベルも向上していますし仕方ないっちゃ仕方ないんですけどね(^^;



ちなみに、ライバルの価格帯はこんな感じ。
⇒ヤリスハイブリッド(X199.8~Z232.4万円)
⇒FIT e:HEV (BASIC199.7~LUXE242.6万円)
⇒ノート e:POWER (S202.9~X218.6万円)
⇒オーラ e:POWER (G261.0~Gレザー269.9万円)






2. 主要装備、メーカーオプション







20210719_04_40-min.jpg
20210719_04_36-min.jpg
20210719_04_13-min.jpg
引用:https://global.toyota/



新型アクアの主要装備とメーカーオプションをグレード毎に見ていきましょう。
まずは個人向けベースのXグレードから!






2-1. Xグレード







00.png
01.png
引用:https://global.toyota/



15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
ピラーガーニッシュ(無塗装ブラック)
2灯式LEDヘッドランプ(ロー&ハイ[LED]、ポジションランプ&ターンランプ[バルブ])
LEDリアコンビネーションランプ(ポジション&ストップランプ[LED]、ターンランプ[バルブ])
LEDバックアップランプ
LEDライセンスランプ
カラードドアミラー(オート格納+ヒーター機能付)
UVカット機能付ガラス(全面)
シャークフィンアンテナ
足踏み式パーキングブレーキ
デジタルメーター
マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチカラーTFT液晶)
ワンタッチ式パワーウインドウ(全席)
スマートエントリーシステム(前席・バックドア)
ステアリングスイッチ
チルト&テレスコピックステアリング
ファブリックシート(ヘッドレスト一体型)
ピアノブラック加飾(エレクトロシフトマチック・インパネ・センターパネル)
7インチディスプレイオーディオ(AppleCarPlay&AndroidAuto対応)
エアコンダイヤルノブ(シルバー塗装)
エアコンレジスターセンター(シルバー加飾)
リアコンソール(オープントレイ&カップホルダー×2)
アジャスタブルデッキボード ※E-Fourのみ
シングルオートエアコン
USBポート(タイプA)×1
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常時給電システム付)
アクセサリーソケット(DC12V・120W/1個)
6:4分割可倒式リヤシート
LEDダウンライト
ルームランプ(フロント[LED]、リア[バルブ]、ラゲージ[バルブ])
2スピーカー
DCM(専用通信機)
盗難防止システム(イモビライザー・オートアラーム付)
トヨタセーフティセンス
 -プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車[昼]検知型)
 -レーントレーシングアシスト
 -全車速追従機能付レーダークルーズコントロール

 -オートマチックハイビーム
 -ロードサインアシスト
先行車発進告知機能
セカンダリーコリジョンブレーキ
ヒルスタートアシストコントロール
ドライブスタートコントロール
6エアバッグ



【主要装備Check!!】
LEDヘッドランプやオート格納ドアミラーも標準装備。
AC100Vコンセントを全グレードに採用したのはアクアが復興の象徴だからかもしれません。
一方でブレーキホールドが無いのとリアウインカーが豆球なのはグレード問わず残念な点。
ACCが全車速対応かつ停止保持するのは不幸中の幸いと言うべきでしょうか…。
Xグレードはディスプレイサイズが7インチ固定なのでご注意下さい。
なお、ヤリクロに採用する高性能ハイビームシステムは搭載されませんでした。





15インチアルミホイール ¥49,500
スペアタイヤ ¥14,300
Bi-BeamLEDヘッドランプ+LEDフォグ ¥110,000
LEDリアフォグ ¥11,000
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物) ¥28,600
BSM+PKSB(前後方静止物&後方接近車両) ¥74,800
トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]+PKSB[周囲静止物] ¥114,400

パノラミックビューモニター ¥44,000
バックガイドモニター ¥16,500
ターンチルトシート(運転席) ¥88,000
ターンチルトシート(助手席) ¥90,200
寒冷地仕様+フロントドアガラス(スーパーUV&IRカット、撥水機能付) ¥33,000 
コンフォートパッケージ ¥71,500
 -運転席イージーリターン機能
 -ナノイーX
 -UV&IRカット機能付フロントガラス
 -スーパーUV&IRカット機能付フロントドアガラス
 -前席シートヒーター
 -上級ファブリックシート(ヘッドレスト型)

 -助手席シートバックポケット
 -助手席シートアンダートレー(買い物アシスト付)
 -リアセンターアームレスト(カップホルダー×2)
 ※ターンチルト選択時はイージーリターンが非装着(-5,500円)



【オプションCheck!!】
上位モデルと同じアルミホイールやライトデザインに変更可能。
全操作を行う駐車支援システム「アドバンストパーク」や巻き込み対応型PKSBも選択できます。
コンフォートパッケージはセパレートシートやヒーター機能が付くのでおススメ。
Xグレードも充実のオプションラインアップですね!






2-2. Gグレード







02.png
03.png
引用:https://global.toyota/



グリルモール(無塗装ブラック→ペールゴールド塗装
UVカット機能付フロントガラス(通常→高遮音性)
UVカット機能付フロントドアガラス(UVカット→スーパーUV&IRカット)
フードサイレンサー
本革巻きステアリングホイール(シルバー塗装)

エレクトロシフトマチック(ピアノブラック塗装→サテンメッキ加飾)
上級ファブリックシート(ヘッドレストセパレート型)
合成皮革巻きオーナメント&ステッチ(インパネ・フロントドアトリム・センターアームレスト)
ピアノブラック加飾(フロントドアトリム・フロントコンソール)
エアコンレジスターサイド(材着→シルバー加飾)
インサイドドアハンドル(サテン調塗装)
サンバイザー(バニティミラー[助手席]+照明[運転席・助手席]+チケットフォルダー[運転席]追加)
フロントセンターアームレスト
リヤセンターアームレスト(カップホルダー×2)
▲リアコンソール(オープントレイ+カップホルダー×2)
ナノイーX
4スピーカー
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)
バックガイドモニター



【主要装備Check!!】
Xグレードに比べて14万円高。
エクステリアではグリル枠がペールゴールド塗装になるので質感が向上します。
内装も加飾が増えるほか本革巻きステアリングも装備。
前席アームレストが付くのはGグレードからとなります。(Xはディーラーオプション)
ちなみにフードサイレンサーとはボンネットの裏側に装着する吸音材。
静粛性にこだわるならGグレード以上がおススメですね。





16インチアルミホイール ¥89,100 ※2WDのみ
15インチアルミホイール ¥49,500 ※E-Fourのみ
スペアタイヤ ¥14,300
Bi-BeamLEDヘッドランプ&LEDフォグ ¥110,000
LEDリアフォグ ¥11,000
BSM+PKSB(後方接近車両) ¥46,200
トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]+PKSB[周囲静止物] ¥97,900
パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) ¥55,000
パノラミックビューモニター ¥27,500
ターンチルトシート(運転席) ¥85,800
ターンチルトシート(助手席) ¥88,000
10.5インチディスプレイオーディオ&専用センターパネル ¥38,500
寒冷地仕様+フロントドアガラス(撥水機能付) ¥19,800
合成皮革パッケージ ¥61,600
 -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
 -運転席6ウェイパワーシート

 -前席シートヒーター
 -ステアリングヒーター
コンフォートパッケージ ¥35,200
 -運転席イージーリターン機能
 -助手席シートバックポケット
 -助手席シートアンダートレー(買い物アシスト付)
 -前席シートヒーター
 -ステアリングヒーター
 ※ターンチルトもしくは合皮パケを同時装着した場合はイージーリターンが非装着(-3,300円or-30,800円)



【オプションCheck!!】
Gグレードから16インチアルミや10.5インチディスプレイが選択できます。
合皮パッケージは値段の割に中身が充実。
シートの質感を上げたい方やヒーター機能が欲しい方におススメです。
ステアリングヒーターを選択できるのも嬉しいですね。
ちなみにフィット4はトップモデルのリュクスにしか付いていません。






2-3. Zグレード







04.png
03.png
引用:https://global.toyota/



15インチアルミホイール(センターオーナメント付)
グリルガーニッシュ(無塗装ブラック→ピアノブラック塗装
Bi-BeamLEDヘッドランプ(ロー&ハイ&ポジションランプ&ターンランプ[LED]、デイライト機能付)
LEDフロントフォグランプ
LEDリアコンビネーションランプ(ポジション[ライン発光LED]、ストップランプ[LED]、ターンランプ[バルブ])
フロントワイパー(通常→時間調整式)
スモーキーブロンズ加飾(インパネ・フロントコンソール)
10.5インチディスプレイオーディオ(AppleCarPlay&AndroidAuto対応)
10.5インチDA用センターパネル
USBポート(タイプC)×1



【主要装備Check!!】
Gグレードから17万円高となっていますが、実は19.8万円分のオプションが標準装備
15インチアルミ、バイビームヘッドライト、10.5インチDAが欲しい方は迷わずZにしましょう。
グリルもピアノブラック塗装になり、テールランプもカタログ裏表紙通りのデザインになります。
タダでUSBポートが一口追加されると考えたらお得感満載ですね。





16インチアルミホイール ¥39,600
スペアタイヤ ¥14,300
LEDリアフォグ ¥11,000
BSM+PKSB(後方接近車両&周囲静止物)
+トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]
+カラーヘッドアップディスプレイ ¥188,100

BSM+PKSB(後方接近車両)+PVM(シースルービュー機能付) ¥101,200
寒冷地仕様+フロントドアガラス(撥水機能付) ¥19,800
合成皮革パッケージ ¥61,600
 -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
 -運転席6ウェイパワーシート

 -前席シートヒーター
 -ステアリングヒーター



【オプションCheck!!】
カラーヘッドアップディスプレイを選択できるのはZグレードだけ。
ただし、ターンチルトシートやコンフォートパッケージを選択できない点は要注意。






2-4. Bグレード







05.png
01.png
引用:https://global.toyota/



14インチスチールホイール ※E-Fourは15インチスチールホイール
アウトサイドドアハンドル(カラード→材着)
▲プライバシーガラス(リヤドア・リヤクォーター・バックドア)
▲リヤワイパー(リバース連動機能付)
▲快感ペダル
バッテリー(バイポーラ型ニッケル水素→リチウムイオン)

リアパワーウインドウ(自動→手回し)
▲スマートエントリーシステム
プッシュボタンスタートシステム
マット塗装(インパネ・センターパネル・エアコンダイヤルノブ・エアコンレジスターセンター・
▲回転式アシストグリップ



【主要装備Check!!】
Xグレードから11万円安。
ビジネスモデルなので省略装備なのは仕方ないですね。
ただし、バッテリー形式が異なるのと快感ペダルが非装備な点はご注意ください。
快感ペダルとはノートのようなワンペダル感覚で走行できるシステム。





スペアタイヤ ¥14,300
LEDリアフォグ ¥11,000
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物) ¥28,600
トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]+PKSB[周囲静止物] ¥114,400
PKSB(前後方静止物)+PVM ¥72,600
バックガイドモニター ¥16,500
寒冷地仕様+フロントドアガラス(スーパーUV&IRカット、撥水機能付)+リヤワイパー(リバース連動機能付) ¥48,400



【オプションCheck!!】
ビジネスグレードも先進安全システムは一通り揃っています。
ちなみに、寒冷地仕様の内容は以下のとおり。
 -ウインドシールドデアイサー
 -ウインドシールドワイパー
 -ヒーターリアダクト
 -PTCヒーター
 -ジャッキ+ジャッキハンドル+ナットレンチ ※2WDのみ
 -LLC濃度(30%→50%)
 -ウォッシャータンク(1.8L→2.3L)






3. ボディサイズ







20210719_04_53-min.jpg
20210719_04_56-min.jpg
引用:https://global.toyota/



4,050×1,695×1,485×2,600mm



※先代型
4,050×1,695×1,455×2,550mm




【ポイント】
街乗りの扱いやすさに影響する長さや幅は先代から変えておらず好印象。
しかし、ホイールベースを50mm延長して走行安定性や居住性の確保に努めている。
実際に内外装編で後席の足元をチェックしたが、先代より確実に広くなっていた。






4. カラーバリエーション







20210719_04_52-min.jpg
20210719_04_59-min.jpg
引用:https://global.toyota/



スーパーホワイトⅡ
プラチナホワイトパールマイカ ¥33,000
シルバーメタリック
ブラックマイカ
エモーショナルレッドⅡ ※¥55,000
クリアベージュメタリック
プラスゴールドメタリック
アーバンカーキ
ダークブルーマイカメタリック



【ポイント】
カラーラインアップは全9色
個人的にはブラックかクリアベージュで乗りたいですね。
プラチナホワイトの実車も悪くなかったんですが、少しオジサン臭い感じもしました。
Bグレードで選択できるのはスーパーホワイトⅡ※専用色、シルバーメタリック、ブラックマイカ。






5. パワートレーン、燃費







20210719_04_60_jp-min.jpg
20210719_04_62_jp.jpg
引用:https://global.toyota/



‣パワーユニット
直列3気筒1.5Lガソリンエンジン
91ps(5500rpm)、120Nm(3800-4800rpm)
フロントモーター
80ps141Nm
リアモーター(E-Fourのみ)
6.4ps52Nm※Bグレードは最高出力5.3PS


‣トランスミッション
電気式無段変速機


‣燃費(WLTCモード)
2WD 35.8~33.6km/L
E-Four 
30.1~30.0km/L




※先代型
直列4気筒1.5Lガソリンエンジン(74ps[4800rpm]、111Nm(3600-4400rpm)
モーター(61ps、169Nm)
トランスミッション:電気式無段変速機
燃費:29.8~27.2km/L




【ポイント】
最高出力・最大トルクはヤリスと同じ。ということは結構気持ちよく走れそうな予感。
しかし、回転数が上昇した際のノイズはアクアでどこまで改善されているのだろうか…

燃費については熱効率40%以上を達成したダイナミックフォースエンジンによって軽く30オーバー
ライバルが20キロ台後半で伸び悩む中、トヨタのTHSⅡはやはりスゴイ!

ハイブリッドバッテリーはBグレード及びX&G&Zグレードで異なるため要注意。
Bグレードはヤリスと同じリチウムイオン電池だが、他のグレードはバイポーラ型ニッケル水素電池を採用
バイポーラ型ニッケル水素電池とは簡単に言えば従来型よりもコンパクトでなおかつ高出力な電池。
アクセルレスポンス向上や電池搭載量増加によるEV走行時間の拡大などが利点だそう。
このあたりは試乗インプレッションで詳しくレポートします。









では、実際の見積もりをグレード別に見ていきましょう!

「どのグレードにするか迷ってる…」という方のために、各グレードの特徴やおススメモデルをお伝えしますので購入の参考にしていただければと思います(^^






6 見積もり大公開!主要装備・オプションもチェック!


6-1. Xグレード







DSC02117-2-min.jpgDSC02116-min.jpgDSC02116-2-min.jpg




総額 ¥2,421,459
車両本体価格:¥2,090,000
ボディカラー:ブラックマイカ
メーカーオプション
 -BSM+PKSB(前後方静止物&後方接近車両) ¥74,800
 -パノラミックビューモニター ¥44,000
ディーラーオプション
 -フロアマット ¥14,300
 -ETCセットアップ ¥2,750
 -エントリーナビキット ¥71,500
 -ETC車載器 ¥25,300





‣主要装備
15インチスチールホイール(樹脂フルキャップ)
ピラーガーニッシュ(無塗装ブラック)
2灯式LEDヘッドランプ(ロー&ハイ[LED]、ポジションランプ&ターンランプ[バルブ])
LEDリアコンビネーションランプ(ポジション&ストップランプ[LED]、ターンランプ[バルブ])
LEDバックアップランプ
LEDライセンスランプ
カラードドアミラー(オート格納+ヒーター機能付)
UVカット機能付ガラス(全面)
シャークフィンアンテナ
足踏み式パーキングブレーキ
デジタルメーター
マルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチカラーTFT液晶)
ワンタッチ式パワーウインドウ(全席)
スマートエントリーシステム(前席・バックドア)
ステアリングスイッチ
チルト&テレスコピックステアリング
ファブリックシート(ヘッドレスト一体型)
ピアノブラック加飾(エレクトロシフトマチック・インパネ・センターパネル)
7インチディスプレイオーディオ(AppleCarPlay&AndroidAuto対応)
エアコンダイヤルノブ(シルバー塗装)
エアコンレジスターセンター(シルバー加飾)
リアコンソール(オープントレイ&カップホルダー×2)
アジャスタブルデッキボード ※E-Fourのみ
シングルオートエアコン
USBポート(タイプA)×1
アクセサリーコンセント(AC100V・1500W/1個/非常時給電システム付)
アクセサリーソケット(DC12V・120W/1個)
6:4分割可倒式リヤシート
LEDダウンライト
ルームランプ(フロント[LED]、リア[バルブ]、ラゲージ[バルブ])
2スピーカー
DCM(専用通信機)
盗難防止システム(イモビライザー・オートアラーム付)
トヨタセーフティセンス
 -プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車[昼]検知型)
 -レーントレーシングアシスト
 -全車速追従機能付レーダークルーズコントロール
 -オートマチックハイビーム
 -ロードサインアシスト
先行車発進告知機能
セカンダリーコリジョンブレーキ
ヒルスタートアシストコントロール
ドライブスタートコントロール
6エアバッグ




‣メーカーオプション
15インチアルミホイール ¥49,500
スペアタイヤ ¥14,300
Bi-BeamLEDヘッドランプ+LEDフォグ ¥110,000
LEDリアフォグ ¥11,000
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物) ¥28,600
BSM+PKSB(前後方静止物&後方接近車両) ¥74,800
トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]+PKSB[周囲静止物] ¥114,400
パノラミックビューモニター ¥44,000
バックガイドモニター ¥16,500
ターンチルトシート(運転席) ¥88,000
ターンチルトシート(助手席) ¥90,200
寒冷地仕様+フロントドアガラス(スーパーUV&IRカット、撥水機能付) ¥33,000 
コンフォートパッケージ ¥71,500
 -運転席イージーリターン機能
 -ナノイーX
 -UV&IRカット機能付フロントガラス
 -スーパーUV&IRカット機能付フロントドアガラス
 -前席シートヒーター
 -上級ファブリックシート(ヘッドレスト型)
 -助手席シートバックポケット
 -助手席シートアンダートレー(買い物アシスト付)
 -リアセンターアームレスト(カップホルダー×2)
 ※ターンチルト選択時はイージーリターンが非装着(-5,500円)




‣Point!!
安全装備は妥協せず、なおかつ手頃に乗ることを重視して見積もりを取りました

ボディカラーは無償色のブラックマイカを選択。ソリッドではないので手入れもそこまで神経質にはならないはず。

メーカーオプションはブラインドスポットモニターやパーキングサポートブレーキを選択。万が一のことを考えて先進安全システムは付けておくべきでしょう。パノラミックビューモニターも死角が減るのでおススメです。

ディーラーオプションでは必須アイテムのマットやETCに加えてナビキットを選択。新型アクアはディスプレイオーディオなのでナビ機能を使うためのキットが必要になります。3種類のうち、テレビを視聴しない方はエントリーキットで十分だと思います。あとは付けるとしたらドラレコくらいでしょうか。

ということで、ベースモデルはオプションを絞れば総額240万円で購入可能。意外と手頃な印象でした。XグレードでもLEDヘッドランプやAC100Vコンセントが標準装備。ライバルの新型ノートと違って運転支援システムも最初から付いてきます。しかも先進安全システムは上位モデルと同じものを選択できるので、質感を我慢できるならアリですね。






6-2. Gグレード







DSC02119-2-min.jpgDSC02118-min.jpgDSC02118-2-min.jpg




総額 ¥2,843,059
車両本体価格:¥2,230,000
ボディカラー:ブラックマイカ
メーカーオプション
 -16インチアルミホイール ¥89,100
 -Bi-BeamLEDヘッドランプ&LEDフォグ ¥110,000
 -BSM+PKSB(後方接近車両) ¥46,200
 -パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) ¥55,000
 -10.5インチディスプレイオーディオ&専用センターパネル ¥38,500
 -合成皮革パッケージ ¥61,600
  -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
  -運転席6ウェイパワーシート
  -前席シートヒーター
  -ステアリングヒーター
ディーラーオプション
 -フロアマット ¥14,300
 -ETCセットアップ ¥2,750
 -エントリーナビキット ¥71,500
 -ETC車載器 ¥25,300





‣主要装備
グリルモール(無塗装ブラック→ペールゴールド塗装)
UVカット機能付フロントガラス(通常→高遮音性)
UVカット機能付フロントドアガラス(UVカット→スーパーUV&IRカット)
フードサイレンサー
本革巻きステアリングホイール(シルバー塗装)
エレクトロシフトマチック(ピアノブラック塗装→サテンメッキ加飾)
上級ファブリックシート(ヘッドレストセパレート型)
合成皮革巻きオーナメント&ステッチ(インパネ・フロントドアトリム・センターアームレスト)
ピアノブラック加飾(フロントドアトリム・フロントコンソール)
エアコンレジスターサイド(材着→シルバー加飾)
インサイドドアハンドル(サテン調塗装)
サンバイザー(バニティミラー[助手席]+照明[運転席・助手席]+チケットフォルダー[運転席]追加)
フロントセンターアームレスト
リヤセンターアームレスト(カップホルダー×2)
▲リアコンソール(オープントレイ+カップホルダー×2)
ナノイーX
4スピーカー
パーキングサポートブレーキ(前後方静止物)
バックガイドモニター




‣メーカーオプション
16インチアルミホイール ¥89,100 ※2WDのみ
15インチアルミホイール ¥49,500 ※E-Fourのみ
スペアタイヤ ¥14,300
Bi-BeamLEDヘッドランプ&LEDフォグ ¥110,000
LEDリアフォグ ¥11,000
BSM+PKSB(後方接近車両) ¥46,200
トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]+PKSB[周囲静止物] ¥97,900
パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付) ¥55,000
パノラミックビューモニター ¥27,500
ターンチルトシート(運転席) ¥85,800
ターンチルトシート(助手席) ¥88,000
10.5インチディスプレイオーディオ&専用センターパネル ¥38,500
寒冷地仕様+フロントドアガラス(撥水機能付) ¥19,800
合成皮革パッケージ ¥61,600
 -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
 -運転席6ウェイパワーシート
 -前席シートヒーター
 -ステアリングヒーター
コンフォートパッケージ ¥35,200
 -運転席イージーリターン機能
 -助手席シートバックポケット
 -助手席シートアンダートレー(買い物アシスト付)
 -前席シートヒーター
 -ステアリングヒーター
 ※ターンチルトもしくは合皮パケを同時装着した場合はイージーリターンが非装着(-3,300円or-30,800円)




‣Point!!
Zグレードそっくりの内外装に仕立て上げ、過剰な要素を省いて見積もりを取りました

ボディカラーは先ほどと同じく無償色のブラックマイカ

メーカーオプションで16インチアルミを選択しています。約9万円と高額ですが標準仕様はホイールキャップなので付けたいところ。長く乗るつもりならフルLEDヘッドライトにしたいですね。先進安全システムに関してはほとんど付けてます。ただしアドバンストパークの必要性はそこまで感じないので省略。10.5インチディスプレイはマストアイテム。標準の7インチはさすがに寂しいので…。合成皮革パッケージは値段の割に中身が充実なのでおススメ。

ディーラーオプションは先ほどと同じくマット、ETC、ナビキットのみ。ちなみにカタログ記載のドラレコは安いもので3万円前後からありました。

ということで、中間モデルを満足仕様にすると総額280万円前後。グリルモールのペールゴールド塗装や本革巻きステアリングは魅力的です。フードサイレンサーも付くので静粛性の違いも出るでしょう。ただし、15インチアルミ&フルLEDヘッドライト&10.5インチDAが欲しい方はZグレードを買いましょう。Gグレードでは19.8万円のオプションですが、Zグレードでは17万円の金額アップで最初から全て付いてきます。






6-3. Zグレード







DSC02121-2-min.jpgDSC02120-min.jpgDSC02120-2-min.jpg




総額 ¥3,021,309
車両本体価格:¥2,400,000
ボディカラー:ブラックマイカ
メーカーオプション
 -16インチアルミホイール ¥39,600
 -BSM+PKSB(後方接近車両&周囲静止物)+トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]+HUD ¥188,100
 -合成皮革パッケージ ¥61,600
  -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
  -運転席6ウェイパワーシート
  -前席シートヒーター
  -ステアリングヒーター
ディーラーオプション
 -フロアマット ¥14,300
 -ETC2.0セットアップ ¥4,400
 -アジャスタブルデッキボード ¥14,300
 -ETC2.0車載器 ¥35,200
 -Tコネクトナビキット(TV・オペレーター付) ¥165,000





‣主要装備
15インチアルミホイール(センターオーナメント付)
グリルガーニッシュ(無塗装ブラック→ピアノブラック塗装)
Bi-BeamLEDヘッドランプ(ロー&ハイ&ポジションランプ&ターンランプ[LED]、デイライト機能付)
LEDフロントフォグランプ
LEDリアコンビネーションランプ(ポジション[ライン発光LED]、ストップランプ[LED]、ターンランプ[バルブ])
フロントワイパー(通常→時間調整式)
スモーキーブロンズ加飾(インパネ・フロントコンソール)
10.5インチディスプレイオーディオ(AppleCarPlay&AndroidAuto対応)
10.5インチDA用センターパネル
USBポート(タイプC)×1




‣メーカーオプション
16インチアルミホイール ¥39,600
スペアタイヤ ¥14,300
LEDリアフォグ ¥11,000
BSM+PKSB(後方接近車両&周囲静止物)
+トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]
+カラーヘッドアップディスプレイ ¥188,100
BSM+PKSB(後方接近車両)+PVM(シースルービュー機能付) ¥101,200
寒冷地仕様+フロントドアガラス(撥水機能付) ¥19,800
合成皮革パッケージ ¥61,600
 -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
 -運転席6ウェイパワーシート
 -前席シートヒーター
 -ステアリングヒーター




‣Point!!
私がガチで買うならコレ!という内容で見積もりを取りました

ボディカラーは変わらず無償色のブラックマイカ

メーカーオプションの16インチアルミはZグレード標準の15インチがイマイチなのと約4万円で変更できるので迷わず装着。アドバンストパークを付けた理由は抱き合わせのパーキングサポートブレーキ(周囲静止物)とHUDが欲しかったため。18万円強と若干高いのが気になりますね。合成皮革パッケージはシートヒーターやステアリングヒーターを含んでいるのでマストオプション。

ディーラーオプションでは最も安いフロアマットを装着。ETC2.0に変更し、ナビキットもTV&オペレーター付の一番良いやつにしました。ラゲッジとリアシートを畳んだ際の段差が気になったのでフラットにするアジャスタブルデッキボードを装着。約1.5万円なので交渉次第ではサービスもあり得そう?

ということで、私がガチで買う仕様は総額300万円オーバー。豪華オプションにしたので一気に跳ね上がってしまいました。とはいえ、Gグレード19.8万円分のオプションがグレード価格差17万円で手に入るのは魅力的。ピアノブラック塗装グリルやUSBタイプCポートが実質タダで付くようなものです。トヨタの商売上手な一面も垣間見えますが、私が買うならZグレード一択ですね。






6-4. Zグレード(4WD)









DSC02123-2-min.jpgDSC02122-min.jpgDSC02122-2-min.jpg




総額 ¥3,165,409
車両本体価格:¥2,598,000
ボディカラー:ブラックマイカ
メーカーオプション
 -BSM+PKSB(後方接近車両&周囲静止物)+トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]+HUD ¥188,100
 -合成皮革パッケージ ¥61,600
  -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
  -運転席6ウェイパワーシート
  -前席シートヒーター
  -ステアリングヒーター
ディーラーオプション
 -フロアマット ¥14,300
 -ETC2.0セットアップ ¥4,400
 -ETC2.0車載器 ¥35,200
 -Tコネクトナビキット(TV・オペレーター付) ¥165,000




‣主要装備
Zグレード(2WD)に比べて…
+アジャスタブルデッキボード




‣メーカーオプション
LEDリアフォグ ¥11,000
BSM+PKSB(後方接近車両&周囲静止物)
+トヨタチームメイト(アドバンストパーク+PVM[シースルービュー機能付]
+カラーヘッドアップディスプレイ ¥188,100
BSM+PKSB(後方接近車両)+PVM(シースルービュー機能付) ¥101,200
寒冷地仕様+フロントドアガラス(撥水機能付) ¥19,800
合成皮革パッケージ ¥61,600
 -合成皮革+ストライプ柄ファブリックシート
 -運転席6ウェイパワーシート
 -前席シートヒーター
 -ステアリングヒーター




‣Point!!
ガチ仕様のZグレード2WDから大きく変えずにE-Fourの見積もりを取りました

総額は約316万円。車両価格19.8万円の差額よりも小さくなりましたね。種明かしをすると、E-Fourは16インチアルミが選択不可かつアジャスタブルデッキボードが標準装備なんです。理由は不明ですが、それらを考慮すると乗り出し価格差は約14万円。初の四駆設定に喜んだ方も多いでしょうが金額的にも嬉しい結果となりました。






7. 発売日、納期







DSC02115-2-min.jpg
引用:https://global.toyota/



新型アクア発売日は、2021年7月19日!!



すでに発売されており受注台数も約2万台と好調!
10年越しのフルモデルチェンジですからおそらく乗り替え勢も多いと予想されます。
しかし、半導体不足により納期が長期化していますので少しでも早く欲しい方はひとまずディーラーにご相談ください。






8. 新型アクア関連動画





内外装編
【実車最速チェック!】トヨタ新型アクア内外装紹介!惜しい所もあるが…ライバルを脅かす要素も!【TOYOTA NEW AQUA Z】
試乗編(Zグレード)
【Z足と快感ペダルに注目!】トヨタ新型アクアに試乗!フィットやノートに比べて良い所悪い所はココ!【TOYOTA NEW AQUA Z (2WD)】
内外装&試乗編(Gグレード)
【高速性能・燃費・運転支援も評価!】トヨタ新型アクアGグレード内外装&試乗レポート!国産Bセグでは珍しい安定感!質感も意外と高い!【TOYOTA NEW AQUA G】
見積もり編
【こだわりの見積書シリーズ】トヨタ新型アクア見積もりレポート!総額240万円スタート!Zグレードに付けるべきオプションとは?【TOYOTA NEW AQUA】↑クリックすると動画に飛びます(^^)/





最後までご覧いただきありがとうございました(^^!

少しでも多くの方の参考になればと思いますので、ツイッターなどで記事のリンクをシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o



そしてこれを読んで下さった方はぜひ、GOOD CAR LIFE!!ブックマークお願いします♪

次回は違った新型車のインプレッションや最新自動車情報をお届けしますのでお楽しみに!










『あなたの気になるあのクルマは果たして買いなのか?』





それじゃあまた!!
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゼミッタ

「気になるあのクルマは買いなのか?」をテーマに新型車インプレッション・オーナーズレポートなどをお届けしています(^^
動画メインで更新していますのでぜひご覧ください。

【←PAST】
トヨタRAV4(G/2020)
ホンダFIT4(e:HEV HOME/2020)

【←NOW→】
スバルレヴォーグ(STISport EX/2020)
VWゴルフ8(Rライン/2021)

【NEXT⇒】
トヨタランドクルーザー300(ZX/202?)
レクサスNX(350Fスポーツ/202?)
国産2ドアスポーツ(??グレード/20??)

【YouTube】
GOOD CARLIFE Channel
https://www.youtube.com/channel/UC-db7Tl3VZJIlICjaoV69iA/

お仕事のご依頼は下記メールアドレスへご連絡下さい。
zemitta.motokeigenshoアットgmail.com

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR