【質感はX3よりも上?】インテリア編!新型X4インプレッション!②


先代モデルにも"M40i"が存在していたことを、ついこの前知ったばかりの管理人ゼミッタですw

スキー場でバッタリ見かけた先代X4のホイールが異様に大きかったのと、M40iのリアエンブレムを見て、帰ってからすぐに調べましたよw

なお、現行型が発売したのは、2018年9月となっており、新型X3よりも約1年遅れて日本に登場しましたね。

7シリーズやX3と共通のCLARプラットフォームを採用することでボディ重量は約50kg軽量化され、また、最新鋭の先進安全装備が標準装着されており、非常に魅力的な1台。



X3148.jpg
新型X3は個人的に気になる一台であったり、以前行われたモニターキャンペーンで3日間貸していただいたりと、インプレッションする機会が多くありました。

新型X3の記事も数多く投稿していますので、お時間ある時にぜひごご覧ください♪

【BMW新型X3関連記事】



X4in0.jpg
さて、今回は「新型X4 インテリア編」です!



前回お届けした新型X4記事は、【カッコいいけどデカイ…】エクステリア編!新型X4インプレッション!①です。

(下の画像をクリックすると記事に飛びます。)
カッコいいけどデカイ…】エクステリア編!新型X4インプレッション!①
それ以外のX4記事を見たい方は、【新型X4記事まとめ!】をどうぞ^^



続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










今回お邪魔させていただいたMieChuo鈴鹿営業所に展示車として置いてあったのは、

X4ex1.jpeg

「X4 xDrive 30i M Sport」!

ボディカラーは"ブラックサファイア"。メタリック系の黒色ということもあり、約10万円のオプションカラーです。

Mスポーツは人気グレードということですが、日本に入ってくる台数自体が新型X3よりも少なく、販売台数も限られていることから、街中でもなかなか見かけることがありませんね。





・ボディサイズ

X4gallery1.jpg
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html



全長 4,760mm

全幅 1,920(1,940)mm

全高 1,620mm

ホイールベース 2,865mm

トレッド(前後) 1,600/1,645(1,610/1,625)mm

最低地上高 205mm


※カッコ書きはM40iの数値





・グレード/価格

X4gallery2.jpg
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html



xDrive 30i 7,670,000円

xDrive 30i Mスポーツ 8,170,000円

M40i 9,800,000円






・燃費/航続可能距離

X4gallery3.jpg
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html



30i(直列4気筒ガソリンエンジン) 燃費13.4km/L、航続距離871km

M40i(直列6気筒ガソリンエンジン) 燃費10.9km/L、航続距離709km


※タンク容量は全車65リッター










以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










新型X4はやはりクラストップレベル





まずはフロントドアトリムからチェック!

X4in1.jpg
黒基調の落ち着いたカラーコーディネートながら、質感のレベルは5シリーズを捉えたといっても過言ではありません。

BMW風にいえばSACですが、乗り降りしやすそうな開口部はSUVの特権ですね^^



X4in2.jpg
インテリアトリムは、「ダークオークファインウッドトリム/パールクロームハイライト」が表運装備。

X320dMスポーツ標準装備の、「アルミロンビクルトリム/パールクロームハイライト」は、スポーティー志向を強める良きマテリアルだと思いますが、新型X4の車格やクルマのキャラクターを考えると、ウッド素材がマッチしていますね。



X4in3.jpg
最上層部はクリアコート仕上げとなっていますので、触れたときに感じる"ウッド特有のザラザラ感"はありませんが、色合いや質感の高さから醸し出される温もりは感じ取ることができるでしょう。



X4in4.jpg
ドアトリム付近での残念ポイントは、スイッチ類の台座及びシートメモリー/ドアロックスイッチがプラスチッキーな点…。

それ以外に関しては、ドアトリムのほぼ全面が触り心地の良いソフトパッドで覆われていたり、オシャレなステッチが入れられていたり、また、ガルバニック仕上げのウインドウスイッチ類などによって、上質感も高められています。

総じて言えば、クラストップレベルの質感の高さと言えるでしょう!





続いてはフロントシート周りの様子をどうぞ。

X4in5.jpg
X4 xDrive 30i M sportには「ヴァーネスカレザーシート」が標準装備。

X3 20d Msportには本革シートはオプション設定ですので、このあたりが2台の価格差(約100万円)の要因となっているのでしょう。

なお、今回見ていただいている新型X4のシートカラーでは、専用ステッチの入ったブラックが選択されていますが、他にも、明るい茶色の「コニャック」や「ベージュ」、暗茶色の「モカ」を選べますし、BMWIndividualではメリノレザーも用意されています^^



X4in6.jpg
30iMスポーツ&M40iには「スポーツシート」が採用され、サイドサポートやサイサポートが調節でき、ホールド性が標準シートよりも高められています。

また、ランバーサポートが標準で備わっている点は、腰痛持ちにとってはありがたいですね^_^;



X4in8.jpg
ヘッドクリアランスに関しては、身長175cmの管理人であれば、座席を上方に調節しても拳ひとつ分以上の余裕がありました^^



X4in9.jpg
足元付近を見ても、ドアシルプレート、アルミペダル、パワーシートスイッチ加飾など、質感を高めるパーツがひと通り揃っていますし、これまでの部分も良かったので、フロントシート付近に関しては文句なし!


と言いたいところですが、シート周りの残念ポイントは、シートベンチレーション機能を装着するとスポーツシートから標準シートに変更されるという点…。

Mスポーツ及び40iには4万円という比較的安価で装着できるものの、スポーツシートの完成度も高いのでここは外したくないため、非常に悩ましい選択を迫られますね。





では、ステアリングやメーターパネル付近の質感は?

X4in10.jpg
G系のMスポーツで共通デザインとなっている、「マルチファンクションMスポーツレザーステアリングホイール」が装備。

また、ガルバニック仕上げのパドルシフトも備わっています。



X4in15.jpg
サムグリップがあったり、真円形のステアリングホイール形状であったりと、ハンドル操作をしやすくする工夫が盛り込まれているのは良いのですが…。

ステアリングホイールでの残念ポイントは、レザーのサラサラとした触り心地&ステアリングスイッチの質感がプラスチッキーな点…。

管理人の印象だと、BMWのレザーステアリングはサラサラしすぎていて、ホールド性が悪く滑りやすいんです^_^;

レクサスのようなディンプル加工されているほうが、コーナーでのハンドル操作においては安心感がありますね。



X4in11.jpg
エコプロモード
X4in12.jpg
コンフォートモード
X4in13.jpg
スポーツモード

メーターパネルには、「12.3インチマルチディスプレイメーターパネル」が標準装備。

スピードメーターとタコメーターなどのオーソドックスなもの以外にも、各種情報を表示できるのが特徴的ですね。

とはいえ、新型車が発売されてこのメーターデザインも一世代前のものとなってしまいました…。

あえて言うならば、メーターパネルでの残念ポイントは、地図表示ができないという点…。

新型X4のデジタルメーターでも十分便利だと感じますが、新型3シリーズや新型Z4、新型8シリーズなどに、地図表示を可能とした新世代デジタルメーターパネルが採用されたことで、比べるとやはり見劣りしてしまいますよね。





インパネ付近に着目していきましょう♪

X4in14.jpeg
正面から撮影した写真になりますが、センターパネル全体がドライバーのほうへ少し傾いているのが分かるかと思います。

これは、"ドライバーオリエンテッド"と呼ばれるもので、運転者が操作しやすいように設計されている事を指します。



X4in16.jpg
運転者にとって配慮されている室内ですが、同乗者も満足できる質感の高さは上位車種に匹敵するレベルです。

なお、新型X4の上位車種には、2019年内に導入予定の新型X5や、オールニューモデル新型X7が存在しており、そうなると新型X44シリーズのSUV版ということに…?

現行型4シリーズと比較すると、圧倒的にこちらの質感レベルが勝りますね^^



X4in17.jpg
「10.25インチワイドコントロールディスプレイ」には、今ではおなじみとなったタッチパネルが採用され、先代よりも使い勝手が格段に向上しています。

新型8シリーズや新型3シリーズも同じサイズですが、「オペレーティングシステム7.0」が搭載されていますので、中身は少々異なります。



X4in18.jpeg
ガルバニック仕上げとピアノブラック調のスイッチ類が組み合わさることで、操作パネルの質感向上を図っていますね。

また、物理キーのレイアウトを重視しているBMWですが、操作系統をなんでもディスプレイパネルに集約するよりは、こちらのほうがブラインドタッチがしやすい印象を受けます。



X4in19.jpeg
シフトコンソール奥には、エンボス加工された「X4」のロゴがありました。これはどうなの…w



X4in20.jpeg
シフトコンソールを見ていくと、ウッドパネルにクリアコートがされているため、指紋や埃の付着が気になるものの、インテリアの質感をグッと高めていますね。

また、シンプルながらも使い勝手の良い操作系となっています。

トランスミッションはステップトロニック付8速AT、セレクターレバーのデザインがG系から変更されました。



X4in37.jpg
ルームライトにもLEDが採用されていますが、新型X4のルームライトが2種類存在しているのをご存知でしょうか?

今回の新型X4には大型タイプのものが装着されていますが、これはイノベーションパッケージを装着することで変更されています。

X383.jpg
※新型X3イノベーションパッケージ非装着車の様子。

華やかさを求めたい方には大型ルームライトをおススメしますが、なんせパッケージオプション装着が必須ですし、¥68,000もしますから、こちらも悩みどころ。

インパネ周りで残念だと思うポイントはありませんでした!





アンビエントライトはどんな感じ??

X4in40.jpg
新型X4にはアンビエントライトが標準装備されます!

新型X3(M40dを除く)だと、ハイラインパッケージを装着しないとアンビエントライトが設定できないため、これだけが欲しくても約15~27万円支払わなくてはなりません。このやり方は少々狡い気が…。



X4in41.jpg
F系で採用されていた2色から変更され、6色11パターンから選択できるため、インテリア空間の雰囲気を気分によってさらに変えることが出来ます。

それでは、カラーバリエーションから見ていきましょう^^



X4in42.jpg
ブルー
X4in43.jpg
オレンジ
X4in44.jpg
ブロンズ
X4in45.jpg
グリーン
X4in46.jpg
ライラック
X4in47.jpg
ホワイト

フットライトも選択した色にあわせて変わるのは面白い^^!

続いては、光源となっている箇所を確認しましょう。



X4in55.jpg
X4in56.jpg
ドアトリムパネル上下
X4in57.jpg
インパネ下部
X4in58.jpg
ドアポケット
X4in59.jpg
ダウンライト
X4in60.jpg
センターコンソール
X4in61.jpg
フットライト

ドアポケットやセンターコンソール内など、細部にも光源が仕込まれていることで、夜間時の質感も良さそうですね♪

アンビエントライトでの残念ポイントもありませんね♪





次に、センタコンソールボックスを見てみましょう。

X4in35.jpg
肘置き部に関しては、シートマテリアルと統一された質感でGood!



X4in36.jpg
ただし、中を見てみると…。

センターコンソールボックスでの残念ポイントは、起毛仕上げになっていない点…。

収納力は抜群で、照明があったり、ゴム製マットが敷かれて異音の発生を防いだりと工夫はされていますが、せっかくならばグローブボックスのように起毛仕上げにしてほしかったですね^_^;










少々長くなりましたので、リア/ラゲッジ編は次回お届けします。

ということで、新型X4インテリア編は以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

では、X4の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゼミッタ

「気になるあのクルマは果たして買いなのか!」をテーマに新型車インプレッション・購入レポートなどをお届けしています(^^
動画も更新してるのでぜひご覧ください!

【現在の愛車】
トヨタ新型RAV4(ガソリンG)
ホンダ新型FIT(e:HEV HOME)

【YouTube】
GOOD CARLIFE Channel
https://www.youtube.com/channel/UC-db7Tl3VZJIlICjaoV69iA/

お仕事のご依頼は下記メールアドレスまたはメールフォームからお待ちしております。
zemitta.motokeigensho@gmail.com

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR