【カッコいいけどデカイ…】エクステリア編!新型X4インプレッション!①


Xシリーズのなかでもオシャレさでは特に光り輝く新型X4。

発売したのは、2018年9月となっており、新型X3よりも約1年遅れて日本に登場しましたね。

7シリーズやX3と共通のCLARプラットフォームを採用することでボディ重量は約50kg軽量化され、また、最新鋭の先進安全装備が標準装着されており、非常に魅力的な1台です。



X3148.jpg
なお、新型X3は個人的に気になる一台であったり、以前行われたモニターキャンペーンで3日間貸していただいたりと、インプレッションする機会が多くありました。そちらも記事はすでにご覧いただきましたか?

まだという方は関連記事を以下のリンクにまとめましたのでぜひごご覧いただきたいと思います^^

【BMW新型X3関連記事】



X4ex22.jpeg


さて、今回は新型X4エクステリア編です!



続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










今回お邪魔させていただいたMieChuo鈴鹿営業所に展示車として置いてあったのは、

X4ex1.jpeg

「X4 xDrive 30i M Sport」!

ボディカラーは"ブラックサファイア"。メタリック系の黒色ということもあり、約10万円のオプションカラーです。

Mスポーツは人気グレードということですが、日本に入ってくる台数自体が新型X3よりも少なく、販売台数も限られていることから、街中でもなかなか見かけることがありませんね。





・ボディサイズ

X4gallery1.jpg
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html



全長 4,760mm

全幅 1,920(1,940)mm

全高 1,620mm

ホイールベース 2,865mm

トレッド(前後) 1,600/1,645(1,610/1,625)mm

最低地上高 205mm


※カッコ書きはM40iの数値





・グレード/価格

X4gallery2.jpg
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html



xDrive 30i 7,670,000円

xDrive 30i Mスポーツ 8,170,000円

M40i 9,800,000円






・燃費/航続可能距離

X4gallery3.jpg
引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/index.html



30i(直列4気筒ガソリンエンジン) 燃費13.4km/L、航続距離871km

M40i(直列6気筒ガソリンエンジン) 燃費10.9km/L、航続距離709km


※タンク容量は全車65リッター










以下では写真でより詳細にご確認していただけますのでどうぞ。










見慣れるとかなりカッコいいデザイン



まずはフロントマスクから見ていきます。

X4ex2.jpeg
「うん、カッコいい(笑)」

新型X3と全く同じフロントフェイスは、すでに見慣れていることもあり、文句のつけどころがありません^_^;

といいたいとこですが。

ネックとなるなのは、新型X3よりも大きいボディサイズです…。

横幅1.9mオーバーとなると、都内の駐車場や郊外の狭い道では取り回しに苦労しそうな印象^_^;



X4ex3.jpeg
Mスポーツのバンパーデザインは、SUVでありながらも、走りに自信が満ち溢れた雰囲気を醸し出しています。

それが事実として、直4エンジンの30iでも0-100km/h加速 6.3秒を誇ります。速いねーw



X4ex4.jpg
そうはいっても、フルモデルチェンジしたばかりの時は、「えー、微妙だな…。」という感想だったのですが、今ではそれが180度変わりましたw



X4ex5.jpeg
改めてじっくり見ても、精悍で美しい顔つきです。



X4ex6.jpeg
グリル周りで残念なのは、”キドニーグリルから見える謎の棒”…。

棒が丸見えとなっている原因は、日本仕様では「アクティブエアストリーム」が不採用となっているため。

いわゆる”グリルシャッター”とよばれる装備は、7シリーズや5シリーズ、また、X3M40dにも採用されているのですが、なぜかM40d以外の新型X3や新型X4では採用が見送られました。

本来の目的は、バーを隠すためではなく、空気抵抗を減少させるために内部のエアフラップを閉ざしたり、エンジンやブレーキの冷却が必要な時に開いたりするものです。

ですが、アクティブエアストリームが無いことで、キドニーグリルの隙間からハの字をした銀色の補強バーが丸見えとなっていて、正直かなりダサいです…。

エクステリアの質感が高いだけになおさら残念ポイントだと感じました。



X4ex7.jpg
ヘッドライトを見ていきましょう。



X4ex8.jpg
ポジションライト点灯時。


X4ex9.jpg
ウインカー点灯時。

ヘッドライトはフルLEDであり、対向車の部分だけを遮光してハイビームが使用できる”セレクティブビーム”や、ステアリングの切れ角に応じてヘッドライトが左右に動く”バリアブルライトコントロール機能”も全車標準装備されています。





お次はサイドに周ってみていきましょう。

X4ex10.jpeg
サイドシルエットを見ると、新型X3と異なるのが一目瞭然ですね!

リアエンドにかけて絞り込まれたルーフラインは、SUVクーペ(BMWではSACと呼んでいます)であることをはっきりと伝えてきます。



X4ex11.jpg
リアシートのヘッドクリアランスはやや犠牲になるものの、SUVのなかでもクーペスタイルなボディは個性に溢れていますね。



X4ex12.jpg
MスポーツとM40iに装着される「ブラックサイドウインドウフレームモールディング」は、黒色のボディにマッチしていますし、また、光沢仕上げとなっているので質感も高いです。



X4ex13.jpeg
Mスポーツだとフェンダーアーチモールはボディ同色となり、こちらも見た目的には質感が高まって良いですね♪



X4ex14.jpg
エアブリーザーが装着されていますが、残念ながらこれはダミーでした…。


X4ex15.jpg
メーカーオプションの「20インチMライトアロイホイールダブルスポークスタイリング699M(¥167,000)」が装着。



X4ex16.jpg
サイズは、フロント:245/45/R20リア:275/40/R20となっています。

新型X3に用意されているオプションホイールと全く同じとなります。



X4ex17.jpg
X4ex18.jpg
「BMWといえばこれだ!」という方もおられるでしょう。ホフマイスターキンクは新型X4でも健在です♪





エクステリアで最後となるリアセクションをみていきます。

X4ex19.jpeg
新しいデザイン言語となるリアデザインは、まだ見慣れていないためか「これじゃない感」がありますね…。

とはいえ、L字型テールライトユニットは、すでに販売開始された8シリーズや、3月発売予定の新型3シリーズでも採用されてきているので、おそらく今後は横長形状のこれが主流になるでしょう。

【新型3シリーズ記事まとめ】発売日や価格、グレードなども細かく紹介!



X4ex20.jpg
また、新型X3に比べると、スタイリッシュさではこちらが勝っていると素直に感じます。



X4ex21.jpeg
そこは、クーペルックなリア周りのパッケージングが寄与していることが大きいでしょう。



X4ex26.jpeg
新型X3のように、そのうち見慣れてきたら、「やっぱり新型X4のリアデザインはカッコよかったwww」なんてタイトルでもつけて記事を書いているかもしれませんねw



X4ex23.jpeg
控えめな印象のリアスポイラーは全車に装着されています。



X4ex24.jpg
クローム仕上げの左右1本出しマフラーは、リアビューを引き締めるのに大きな役割を果たしています。

これが片側1本出しや見せないデザインとなるだけで、リアの質感が全く違ってきますからね。



X4ex25.jpg
ハニカム形状を纏ったリアスカートは、実際に穴は開いていないもの、質感の高さは感じ取れます。



X4ex27.jpeg
テールライトを見ていきましょう。

こちらはポジションライト点灯時。



X4ex28.jpeg
ウインカー点灯時。

テールライトに関してもフロントと同じくフルLEDとなっていましたが、残念ながら流れるウインカーではありませんでした。

BMWは流さないのかな…^_^;










ということで、新型X4エクステリア編は以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

では、X4の未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てください!ほんとにためになりますから。



次回以降も引き続き、楽しいインプレッション記事をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフをブックマークして最新記事をお楽しみください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o








関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゼミッタ

「気になるあのクルマは果たして買いなのか!」をテーマに新型車インプレッション・購入レポートなどをお届けしています(^^
動画も更新してるのでぜひご覧ください!

【現在の愛車】
トヨタ新型RAV4(ガソリンG)
ホンダ新型FIT(e:HEV HOME)

【YouTube】
GOOD CARLIFE Channel
https://www.youtube.com/channel/UC-db7Tl3VZJIlICjaoV69iA/

お仕事のご依頼は下記メールアドレスまたはメールフォームからお待ちしております。
zemitta.motokeigensho@gmail.com

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR