【モデルS特集】テスラルーディクラスエクスペリエンス特別試乗会に行ってきた!前編!!


以前の記事で、「テスラの特別試乗会に当たったので行ってきます!」という報告をしましたが、去る1月19日に開催された模様を簡単にインプレッションしていきたいと思います!

テスラモーターズの店舗は、日本だと、東京南青山・神奈川川崎・愛知名古屋・大阪心斎橋の4店舗しか存在しないので、遠方だとなかなか行く機会に恵まれないのではと思います。

また、アメリカで販売台数1位に輝いた実績も誇りますが、日本ではまだまだ販売絶頂期と呼べないので、実車を見るだけでなく、写真すらも詳細なものはあまり見れないですよね。

ということで、イベントの模様をお伝えするとともに、テスラの2トップであるモデルS及びモデルXのフォトインプレッションもしていきますのでお楽しみに♪



modelsex0.jpg 

ということで、今回はテスラルーディクラスエクスペリエンス特別試乗会フォトギャラリー編(前編)です!

続きの記事を読む前に、以下のリンクから飛べますのでぜひ元警察官現役消防士ブロガー【公式】twitterInstagramなどの登録・フォローよろしくお願いします!

Twitterでは、ブログ更新速報や今後記事にしていく新型車のレポート状況を毎日お届け!
Instagramについても、118dEditionShadowや車両・イベントのレポートを写真でオシャレにカッコよくw!こちらも毎日更新中!

そのうちYouTubeなんかにもインプレッション動画をアップしたいと考えていますが、現段階では検討中ですのでブログ・ツイッター・インスタの登録&フォローよろしくお願いします!!










※中立的な立場からインプレッションをお届けしていますが、あくまで個人の主観に基づくものです。そのため、辛口な意見も含まれる可能性がありますので、気分を害するおそれがある方はご遠慮ください。

ご理解いただける方のみ、続きの記事をどうぞ。










ユニークな外観と斬新な内装が面白い!

modelsex0.jpg

試乗会で用意された車両は、全て走行用となっているため、限られた時間とタイミングでなんとか撮影してきました^_^;

そのため、モデルSの1台を撮り損ねてしまいましたが、他の車両はしっかりと押さえましたので、フォトギャラリーとしてお届けしていきます。

今回はモデルSをピックアップします!!

セダンタイプとなるモデルSが登場したのが2012年です。フロント周りのデザインが初期型とかなり異なっていますが、基本的にはモデルチェンジという概念を取り払って、全て車両アップデートでいつまでも乗れるクルマというコンセプトが掲げられています。

ボディサイズは、全長4,970mm×全幅1,964mm×全高1,445mm。アメリカンサイズとでも言いましょうか、思っているよりも巨体ですw

0-100km/h加速はP100Dで2.7秒(!!!)という化け物級の性能を誇りますが、価格も約1700万円(!!!)とスーパーカー並み^_^;

奇抜なデザイン性と斬新なインテリアに注目して、早速ですが見ていきましょう♪










モデルS 75D

・エクステリア

modelsex1.jpg
未来的なデザインですね。



modelsex2.jpg
初期型と比べると、シャープさがさらに増した印象を受けます。



modelsex5.jpg
あのクルマに似ているとかが全くないんですよね。



modelsex6.jpg
テスラといえばこのマスクとなりそうです。



modelsex3.jpeg
ポジションライト点灯時。



modelsex4.jpeg
ウインカーはこう光るみたいです。



modelsex7.jpg
エンブレム周りのデザインが独特で先進的だなと感じます。



modelsex11.jpg
リアのデザインもまとまり感があります。



modelsex13.jpg
素直にカッコいいと思えるデザイン。



modelsex9.jpeg
75Dが廉価グレード(現在は販売中止のため、100Dが廉価モデル。)なんですが、0-100km/h加速は4.4秒と、なかなかのハイパフォーマンスw



modelsex10.jpeg
ウインカーももちろんLED。



modelsex8.jpeg
シャッタースピードのせいでテールライトの一部が消えていますが、ブレーキを踏んだ時の様子。



modelsex12.jpg
ボディカラーのパールホワイトマルチコートはなんと25万円もします^_^;





・インテリア

modelsin1.jpg
こちらの車両はオールブラックプレミアムと呼ばれるインテリアコーディネートです。



modelsin2.jpg
ドアトリムも独創性があって良いですね♪



modelsin3.jpg
アンビエントライトも装備されています。



modelsin4.jpg
シートは合成皮革素材。



modelsin5.jpg
形状が複雑ですが、座ってみると適度な包まれ感を感じました。



modelsin6.jpg
ヘッドクリアランスも十分あります。



modelsin7.jpg
インテリアトリムは、フィギュアドアッシュウッドデコールとよばれるものです。本杢素材ですね。



modelsin8.jpg
modelsin9.jpg
modelsin10.jpg
モダンなインテリアで、なおかつモニター1枚と非常にシンプルな造形です。



modelsin11.jpg
ステアリングホイールは握りやすい形状でしたが、スイッチ系がシンプルすぎてややチープ感が出てしまっています。



modelsin12.jpg
メーターパネルもフルデジタルとなっていて先鋭的ですね。



modelsin13.jpg
17インチタッチスクリーンは、MC後のプリウスよりも大型のサイズとなっています。



modelsin15.jpg
modelsin14.jpg
センタコンソールには取り外し可能な仕切りが備わっていますが、なんとも不思議な感覚にいざなわれます…w



modelsin16.jpg
modelsin17.jpg
アームレストは前後に可動するようになっていました。こういうところは日本車よりも配慮されている印象です。



modelsin18.jpg
ルーフのほぼ全面がガラスルーフとなっており、非常に解放感があります。



modelsin19.jpg
後席用のエアコン吹き出し口&USBポートが2口。



modelsin20.jpg
レッグスペースも確認すると、想像よりも広々としていました。全長約5mもあるので当然といえば当然ですがw



modelsin21.jpg
リアのラゲッジスペースはこんな感じです。フロントにはエンジンが積まれていないため、荷室として使うことができるので、前後合わせると荷室容量894リッターとなり、クラストップ数値です!



modelsin22.jpg
アンダーボックスも備わっていて収納力は必要十分でしょう。



modelsin25.jpg
リアガラスごと開くので荷物の出し入れも容易に行えます。



modelsin24.jpg
リアシートは6:4分割可倒式になっていて、ユーティリティも他の車種に見劣りしませんね。










モデルS 100D

・エクステリア

modelsex15.jpg
フロント周りはさきほどの75Dと違いはなさそうです。



modelsex16.jpg
モデルSのなかで唯一無償カラーのソリッドブラックです。



modelsex17.jpg
ホワイト系もカッコいいですが、厳つさがより強調されてこちらもカッコいいです。



modelsex18.jpg
「未来のデザインがいまここに」というキャッチコピーがまさに似合うクルマですw



modelsex25.jpeg
サイドシルエットも美しいですね♪



modelsex23.jpg
modelsex26.jpeg
ルーフラインはリアにかけてかなり落ち込んだデザインになっているのが印象的です。



modelsex19.jpg
modelsex20.jpg
ホイールはシルバー塗装の19インチが装着。



modelsex21.jpg
modelsex22.jpg
ホイールサイズは前後とも245/45/R19です。タイヤにはメルセデスE63AMGにも採用されていたミシュランのパイロットスポーツ3が組まれていますね。



modelsex24.jpg
サイドカメラはこんなところに仕込まれていました。



modelsex29.jpeg
リアを見ると、この角度からだとクーペボディと見間違うほど張り出しのあるフェンダーと流麗なルーフラインです。



modelsex27.jpeg
ただし、リアに関しては、ホワイトカラーのほうがコントラストがはっきりしていて良いかなと感じます。



modelsex28.jpeg
これでもイケてるんですが、黒色になったことでモッサリ感が出てしまっています。



modelsex31.jpg
厳つさはありますがw



modelsex32.jpg
下周りを覗き込んでも、もちろんマフラーの排気口はありません。空力を考えてか、またはバッテリーの保護のためか、床面がフラットになるようにアンダーカバーで敷き詰められていました。



・インテリア

modelsin26.jpg
ドアハンドルは前のほうを少し押してやると飛び出してきます。ランドローバーのヴェラールやランボルギーニのウラカンも飛び出すドアノブですが、超未来的^_^;



modelsin27.jpg
こちらのインテリアは、ブラック/ホワイトプレミアムと呼ばれるもので、約19万円のオプション装備です。



modelsin28.jpg
マテリアルは標準と同じく合成皮革素材を使用。ドアトリムが発泡スチロールみたいですねと言ったら少しムッとされました^_^;(悪口ではなくひとつの表現のつもりだったんですが…。)



modelsin29.jpg
一時期、メルセデスと資本提携をしていたことからスイッチ系のデザインがメルセデスと共通ですね。



modelsin30.jpg
modelsin31.jpg
真っ白なシートカラーはレクサスをも上回るほどの純白さといえます。



modelsin32.jpg
黒基調に比べると、室内空間が華やかな印象。



modelsin33.jpg
ルームミラーはフレームレスタイプ。



modelsin34.jpg
Aピラーの質感は高級車と呼ぶにふさわしい仕上がりです。



modelsin35.jpg
17インチタッチスクリーンはこのようにナビ画面とバックモニターの2画面表示にすることも可能で、走行中も常時バックカメラを表示させることができます。



modelsin36.jpg
modelsin37.jpg
ステアリングスイッチは1000万円オーバーのクルマとは思えないプラスチッキーでチープ感が出ているのが残念です…。



modelsin38.jpg
モデル名やボディカラーが車両ごとに表現されている点は、テスラの細かい配慮でしょうね。こういう些細な部分がオーナーを満足させるポイントですよね。



modelsin39.jpg
リアドアトリムもシンプルながら、質感は悪くありません。



modelsin40.jpg
トリムパネルから肘置き部まで一枚物になっているのが先進的というか、今までにあまり見ないデザイン性です。



modelsin41.jpg
※発泡スチロールではありません。(すいません。)



modelsin42.jpg
リアシートは広々としており、日本人の標準体型ならば大人3人でも問題なく座れるでしょう。



modelsin43.jpg
ヘッドレストは固定式です。ドライバーからの後方視界を遮るような気もしなくありませんが、ぶつかりそうになると自動ブレーキが働いたり、追突されそうになると、クルマが自動的に加速したり、回避操作を取ったりするそうですから、多少視界が悪くても大丈夫でしょうw!(過信は禁物ですが。)










ということで、テスラルーディクラスエクスペリエンス特別試乗会フォトギャラリー編(前編)は以上です。



皆さん、新車のような新古車もしくは未使用車という言葉を聞いたことはありませんか?

未使用車って登録がされていること以外には新車と全く変わらないのに、新車と比べられないほど安く買えるんです!

私が現在乗っているBMW118dEditionShadowは未使用車だったんです。それをある方法で総額¥2,000,000近くもお得に購入することができました!

どうしてそんな安く購入できたかというと、未使用車を誰よりも早くに探して見つけたんです。

では、あなたが気になるクルマの未使用車がでてくれば誰よりも早くにGETしたいって方はぜひ、

[ポイントはたったひとつ!]誰よりも早くお買い得車を見つける方法!

こちらを見てくださいね♪

ほんとにためになりますから。


次回はまた違った新型車インプレッションや自動車最新情報をお届けしたいと思います!

ぜひ、元警察官現役消防士のカーライフブログブックマークしてご覧ください♪



記事がイイねと思ったら「拍手」ボタンをポチッや、SNSでシェアしていただけると嬉しいですo(^▽^)o



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゼミッタ

「気になるあのクルマは果たして買いなのか!」をテーマに新型車インプレッション・購入レポートなどをお届けしています(^^
動画も更新してるのでぜひご覧ください!

【現在の愛車】
トヨタ新型RAV4(ガソリンG)
ホンダ新型FIT(e:HEV HOME)

【YouTube】
GOOD CARLIFE Channel
https://www.youtube.com/channel/UC-db7Tl3VZJIlICjaoV69iA/

お仕事のご依頼は下記メールアドレスまたはメールフォームからお待ちしております。
zemitta.motokeigensho@gmail.com

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR